« 【掌ダイス】改題したい、でも間に合わない | トップページ | 2009.05.30 »

2009年5月28日 (木)

【リターン・トゥ・サバンナ】 概要説明

Dscf0557

■タ イ ト ル:リターン・トゥ・サバンナ Return to savannah
■プ レ イ 時 間:約30分
■プ レ イ 人 数:3~4人用
■プレイ可能年齢:10歳以上
■ゲ ー ム 概 要
 このゲームは、サバンナでの草食動物たちの縄張り争いをテーマにしています。まあ、実際の草食動物たちは種ごとにうまく棲み分けしていて縄張り争いなんてしていないそうですが、そこはそれ、ゲーム的世界観ということで。

 ゲーム自体は、いわゆるタイル配置型のゲームです。自分の手番になったら、タイルを1枚ボードに配置します。同じ動物は隣接して置かなければなりません。こうして自然と種ごとに群れが形成されていきます。
 そして、いつかある動物の群れにこれ以上タイルを配置できない状態になったら、その群れは「囲まれた」ことになりサバンナから追い払われるのです。

 この追い払われた動物が得点対象となります。得点はその動物のリーダーマーカーを持っているプレイヤーが獲得します。リーダーマーカーには①と②があります。リーダーマーカー①は追い払われたその動物のタイル枚数、②はその2倍が得点となります。
 このリーダーマーカーというのは、プレイヤーがその動物のタイルをプレイしたときに獲得されます。最初はリーダーマーカー①を獲得します。次に誰かがその動物をプレイするとそのリーダーマーカー①が奪われ、代わりにリーダーマーカー②を獲得します。

 だらだら書いてしまってどこまでご理解いただけたか分かりませんが、このゲームはこのリーダーマーカーのアイデア一発で成り立ってるといっても過言ではないでしょう。少し、手順が煩雑になるんですけれどね。
 この、かゆいところに手が届かないもどかしさを楽しんでもらえるか否かが勝負だと思ってます。

 まあ、小品です。けれど、骨折ゲームらしさは味わってもらえるのではないでしょうか。

« 【掌ダイス】改題したい、でも間に合わない | トップページ | 2009.05.30 »

ゲームマーケット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198928/45158226

この記事へのトラックバック一覧です: 【リターン・トゥ・サバンナ】 概要説明:

« 【掌ダイス】改題したい、でも間に合わない | トップページ | 2009.05.30 »

twitter